自民党・男性議員

林芳正の妻・裕子の実家が凄すぎ!190年続く医家で天皇付きの御典医?

自民党衆議院議員の林芳正・裕子さんの実家は代々医家だそう。

妻・裕子さんの実家の医家としての歴史は長く、190年の歴史があるとか。

しかも、地位の高い人物の病気を診る御典医(ごてんい)という職に就かれていたようです。

林芳正の妻・裕子の実家が凄すぎ!

林芳正の嫁の旧姓は大阪の医家・河野家!

林芳正氏の嫁・裕子夫人の実家は190年ほど前から代々医者の家系とか。

そして、妻・裕子さんの父親は河野家6代目で大阪で開業医をされていました。

林芳正の妻・裕子の実家の家族構成は?

林氏の妻・裕子さんの実家の家族構成は次の通り。

  • 父親:河野泰通(こうの やすみち) 88歳(2019年9月29日逝去)
  • 母親

林氏の嫁・裕子さんは、3姉妹次女だそう。

林芳正の妻・裕子の実家の病院はどこ?

林氏の妻・裕子さんの実家の病院はこちらと思われます。

  • 病院名:河野医院
  • 住所:大阪府四條畷(しじょうなわて)市楠公2-10-12
  • 院長:河野 泰通

河野医院大阪府四條畷市にある、内科、小児科を標榜する医療機関です。当院の最寄駅は四条畷駅です。院長の河野 泰通は、慶應義塾大学医学部の出身です。

引用元:病院検索ホスピタ

林氏の妻・裕子さんの地元である大阪にあり、院長が妻・裕子さんの父親と同じ名前なので、ほぼ間違いないと思われます。

林芳正の嫁・裕子の実家の場所は?

林氏の嫁・裕子さんの実家は大阪府ですが、詳しい場所は分かっていないようです。

ただ、嫁・裕子さんの父親である河野泰通さんの葬儀が大阪府茨木(いばらき)市総持寺本堂で営まれています。

妻・裕子さんの父親の葬儀が営まれたお寺がある茨木市の位置はこちら。

よって、林氏の妻・裕子さんの実家大阪府茨木市にある可能性が高いです。

スポンサーリンク


林芳正の嫁・裕子の実家は190年続く医家で天皇付きの御典医?

林芳正の妻・裕子の実家は天皇付きの御典医だった?

妻・裕子さんの実家の医家は、天皇の治療に携わっていたのでしょうか?

結論をいいますと、妻・裕子さんの実家は、天皇の治療に携わっていたわけではないようです。

林芳正の妻・裕子の実家は天皇の子孫「醍醐家」の御典医!

林氏の妻・裕子さんの実家である河野家は、公家・華族であった「醍醐家」御典医(ごてんい)を務めています。

醍醐家は、後陽成天皇の血を引く家系だそう。

御典医(ごてんい)とは、典薬寮に所属する医師のことであり、単に典医ともいう。

転じて、江戸時代には将軍家や大名に仕えた医師もこの名称で呼ぶようになった。

「醍醐家」の10代目・13代目当主の醍醐 忠順(だいご ただおさ)は、河野家が御典医を務め始めた頃の当主。

河野家の先祖と深く関わっていたのではないでしょうか。

林芳正の嫁・裕子の実家と「醍醐家」の現在の関係は?

林氏の嫁・裕子の実家の「河野家」と醍醐家の現在の関係については詳しいことは分かりません。

現在の醍醐家は「旧伯爵家」と呼ばれ、現当主は17代目です。

現在は身分制度が無くなったので、昔の様な関係は無いかもしれません。

ちなみに醍醐家の現在の当主のお孫さんは、女性皇族の「お相手候補リスト」に名前をあげられていたとか。

その為、2018年の報道で小室圭さんの代わりに眞子さまの婿候補になるのでは、と言われていたそう。

「醍醐家」が高貴な血筋を引いていることを実感する出来事ですね。

まとめ

  • 林芳正の妻・裕子の実家が凄すぎ!
  • 林芳正の妻・裕子の実家は190年続く医家で天皇付きの御典医?

以上をまとめました。

林芳正の妻・裕子の山口大学教授のイメージ画像
【画像15選】林芳正の妻・裕子は美人大学教授!子供は娘2人で弁護士か 自民党衆議院議員の林芳正(はやし よしまさ)氏の妻・裕子さんは美人大学教授だとか。 今回は林氏の妻・裕子さんの画像15選を集め...
家系図のイメージ画像
【図解】林芳正の実家は創業300年の老舗!4代政治家の凄い家系だった!自民党衆議院議員の林芳正氏の実家は創業300年の老舗を経営する実業家の家系。 また、林家は4代に渡って政治家が誕生しています。 また...